カーヴス

 a0046012_055408.jpg毎日の買い物にスーパーへ通う途中「カーヴス」の看板が目についた。何の施設か気になっていたが、ある日体験入学の知らせに誘われて行ってみた。「女性のための筋力体操教室」とうたっている教室の内部は、12種類の筋肉トレーニング用の器具が部屋に合わせて円形に並べてあった。
 音楽に合わせての筋トレと足踏みの有酸素運動に要する時間は24分、その後部屋の隅でそれぞれがストレッチを約10分、すべて済ませても50分足らずで完了する。主婦は雑用で忙しい毎日だからこの手軽さが非常に心地よく、思いつきから始めた運動だったが、もう2年も通っている。
 自宅から近く立地条件に恵まれている事と、なによりプログラムの迅速さが性格にあっているのが継続のもとになっている。日課としてこれからの健康維持のためにも続けていこうと思っている。
a0046012_113841.jpg
a0046012_122062.jpg

[PR]

# by 3181939 | 2013-11-04 00:43

乗鞍高原の集い

 a0046012_054333.jpg東京から「乗鞍高原の集い」に参加しませんかとの誘いがあった。乗鞍岳登頂は無理としても乗鞍高原の高山植物のお花畑を見る最後のチャンスではないかと思い、仲間を誘って出かけることにした。松本で東京組と合流して一行8名は電車、バスを乗り継ぎ千石平のペンションに着いた。
 猛暑を忘れて2泊する宿は海抜1500mの高所にあるため、その高原の風の爽やかさを感じながら、24時間利用できる露天風呂と新鮮な野菜たっぷりの食事を満喫した。
 ここから更にバスで2700mまで登り畳平に行き待望のお花畑を歩いたが、その日は雨が降り始め,楽しみにしていただけにとても残念だった。
 a0046012_22145162.jpg 
 翌日は晴天に恵まれ上高地に移動、河童橋から大正池まで散策したが、途中、笹藪がガサゴソするので目をこらすと、まあびっくり!子熊が顔を見せているではありませんか。
震えながら写真だけは撮ったけれど、近くに親熊が居るに違いないからと、急いでその場を離れたが、帰り道ではもう遭えなかった。
 こんなに有名な観光地に熊が出るとは、こんなに山深い所に観光地を造った人間の方がきっと悪いのだろうと考えさせられた。
 翌日は東京組と別れて「ホテル穂高」に1泊し新穂高ロープウェイを乗り継ぎ、展望台から
3000m級の奥穂高岳、北穂高岳、前穂高岳の大パノラマを眺望した。
 帰路はバスで高山に出て、古い町並みもちょっと散策してJRで帰り着いたが、涼しくて快適だった4日間の後の広島の酷暑に馴れるためには、いつもより時間がかかった。たしかに真夏の旅行は楽しかったけれど大変だった。
(ペンション アルプホルン)↓       (ハクサンイチゲ)↓           (番所大滝)↓
a0046012_15635.jpg
a0046012_8444997.jpg
a0046012_175050.jpg

[PR]

# by 3181939 | 2013-08-07 08:53

山形県 肘折(ひじおり)温泉

 a0046012_22503288.jpg
3年ぶりに山形県村山市の義姉を訪ねた。
この時期はさくらんぼの収穫で多忙な時だが、早目に作業を終え慰安として「肘折温泉郷」に宿を予約したからと連絡が入り、急に山形行きとなった。
 「肘折温泉」って初めて耳にする温泉だが、歴史は古く開湯1200年(平安時代)と言うから驚く。
名前から想像した通り、ある高僧が崖から落ちて肘をおり苦しんでいた時に、岩の間から湧き出る温泉を発見し、その流れる温かいお湯につかったところ、たちまち痛みがとれて傷も治った。


a0046012_0534312.jpg
この昔語りからはじまった「肘折温泉」は湯治場として農閑期などにも利用されているらしく、毎朝5時半から温泉宿の前で「朝市」が開かれており、宿泊客で賑わっていた。
歌人の斉藤茂吉がこの地で詠んだ歌「肘折のいで湯浴みむと秋彼岸の狭間路とほくのぼる楽しさ」
 肘折温泉「三春屋」で二泊し、村山市の「クワハウス碁点」で一泊して山形空港から伊丹空港へ飛んで新幹線で帰ってきたが、たしかに東北は遠い旅路だったと痛感した。疲れた!
a0046012_0552574.jpg 
a0046012_0584212.jpg
a0046012_22544299.jpg


                                  小松淵
[PR]

# by 3181939 | 2013-07-14 00:13

ひろしま菓子博2013

 a0046012_1344828.jpg1週間前に「ひろしま菓子博」は予想以上の入場者を集めて終了した。そして会場跡のトイレに3日間70才の老女が倒れたまま残されて、やっと助けられたというニュースが流れた。
 息子夫婦から入場券2枚を貰ったのて私達も開幕早々に出かけたが、凄い人出でどの会場に入るにも長蛇の列に並び、じっくり作品を鑑賞したくても「立ち止まらないでくださいと!」と追い立てられて大変な状態だった。「全国のお菓子めぐり館」には各地の人気のお菓子の箱が山済みしてあったが、試食のチャンスにも恵まれなくて残念ながら購入もままならなかった



a0046012_2154555.jpg

シンボルゾーンの「お菓子美術館」には花鳥風月をテーマにした「工芸菓子」が100点以上陳列してあった。最後は実物の15分の1の「厳島神社」で、過去の出展作品なかでも最大級の工芸菓子だったらしい。
 沢山の作品を観て疲れたけれど、最も興味深かったのはこの博覧会が100年以上続いているという事と、広島では1921年に県立商品陳列所(現原爆ドーム)で開かれて以来2回目の開催だという。それにつけても、菓子博については全然無知だったと少し反省した。
a0046012_1452360.jpg
a0046012_1472363.jpg

a0046012_1531847.jpg
a0046012_1545570.jpg
[PR]

# by 3181939 | 2013-05-21 01:11

お花見 2題

 a0046012_23573694.jpg例年にくらべ今年は桜の開花宣言が早かったが、その後春寒となり全国的に異常気象が続いた。1回目のお花見は第二音戸大橋の開通にあわせて音戸公園へ行った。高台にある音戸の瀬戸公園には「平清盛の日招きの像」が立っていて、音戸の瀬戸を見渡しながら満開の桜の下でコンビニのお弁当を開いた。
 a0046012_015962.jpg 







a0046012_2116965.jpg

 




        
2回目のお花見は「造幣局の花のまわり道」に行った。56品種219本のほとんどが八重桜で、10年前に訪れた時に比べ桜の木々は大きくなっており色鮮やかな花びらが美しく咲き乱れていた。広島の造幣局も春の風物詩として構内を一般開放して、大いに目を楽しませてもらった。
a0046012_0485355.jpg
a0046012_0285518.jpg










a0046012_22254215.jpg





a0046012_19581211.jpg
[PR]

# by 3181939 | 2013-04-10 21:26

豪雪地の秘境「秋山郷」

 a0046012_0323772.jpg5年ぶりの雪国旅行だった。東京から9名、広島から6名の一行15名は、久し振りに新潟の能生駅に集合した。13年前から始まった雪見旅行も今回で9回目。よく続いたものだと感心するが、最初の頃は近くのスキー場でスキーを楽しんだり、タイヤに乗って滑ったりしたが、今はもう無理はしないで温泉へ入って、美味しい料理を食べて、話に花を咲かせるのが精々というところとなった。
 翌日は越後湯沢まで足を延ばした。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」ではじまる川端康成の「雪国」を想像して降り立った越後湯沢駅前は高層建物の並ぶ都会の様相だったので驚いた。考えてみれば70年も前の鄙びた温泉街が今リゾート都市になっていても何も不思議がる必要はないようだ。今回は時間がなくて訪ねられなかったが,パンフレットには「駒子の湯」と「雪国の宿 高半」が載っていた。
 a0046012_0435573.jpg次の日はバスを乗り継いでこの度のメーンイベント・雪深い秘境「秋山郷」へ向かった。長野県最北端にある栄村は積雪量が日本一(7m85cm)を記録したこともある日本有数の豪雪地で、スリル満点の山道をバスで走り「のよさの里」に着いた。白樺の林に囲まれた囲炉裏のあるコテージに泊まり、雪山の美しい露天風呂など、歳を忘れて雪と戯れたひとときだった。
 3泊4日の旅は瞬く間に終り名古屋から新幹線で帰ってきたら、広島は冬の装いから春に衣替えしていた。
a0046012_0465848.jpg
[PR]

# by 3181939 | 2013-03-29 00:09

速谷神社と地御前神社

 a0046012_2238648.jpg今年も元旦には息子達一家と「護国神社」に初詣をして、家族の無病息災をお願いした。
 そして1月中旬のある日、交通安全の守護神である「速谷神社」へ初めてお参りに行った。
安芸国総鎮守(アキノクニソウチンジュ)と呼ばれるだけあって立派な本殿だった。歴史的にも古く平安時代初期の豪族「阿岐氏」の守護神として仰がれていて「官幣大社(カンペイタイシャ)速谷神社」と標示されているのは朝廷から官幣(供え物)が与えられていたと言う事のようだ。厳島神社が平家一門により隆盛をみるまでは、速谷神社は安芸国首座の神社だったらしい。
ここでは交通事故に遭わないようにとお願いをして、交通安全のお守りと干支のおみくじをひいた。
 a0046012_14483.jpgそれから近くの「地御前神社」にも初めて参拝に行った。
国道沿いの老松に囲まれた大きな社殿は、仁安3年(1168年)平清盛の支援によって修造された。
宮島の管絃祭は厳島神社の祭神イチキシマヒメノミコトが、対岸のここ「地御前神社」の神に会いに出向かれたのをお迎えに行く祭事で、毎年旧暦6月17日におこなわれる。
 はからずも正月早々三度も初詣に出かけたので、今年も難を逃れて平穏で心楽しい時がくると「速谷神社」でひいた「おみくじ」にもあった。
 「波のおと 嵐のおとも静まりて 日かげのどけき 大海の原」(末吉)
a0046012_2302965.jpg速谷神社  地御前神社   
a0046012_231388.jpg
      

                            
[PR]

# by 3181939 | 2013-01-24 22:29

海商のまち 室積

a0046012_055573.jpg 高校の同期会を5年ぶりに開催することになった。さて、行き先は何処にしようかと散々迷った末「そうだ!高校1年の夏、臨海学校のあった山口県光市の室積へ行こう」と決めた。宿泊は「かんぽの宿 光」に予約したが、秋は修学旅行シーズンのため貸切バスがとれなくて苦労した。
 恩師の出席もかない45名の参加者は遠足気分でバスに揺られながら、先ず室積海岸で下車して集合写真を撮った。白砂青松の海は昔のままの美しさだったが、海を見ながら4キロと8キロの遠泳は苦しかったと思い出話に花が咲いていた。
a0046012_057501.jpg 夕方からの宴会はいつものように順調に和気藹々と進行してゆき、校歌を歌ってお開きとなった。世話人として嬉しかったのは「かんぽの宿 光」の応対も笑顔もとても気持ちよかったし、お料理も盛り沢山で美味しかった。そしてもうひとつ良かった事は、バスの運転手さんが若くてイケメンで、海岸へ向かう細い道でも気持ちよく運転してくれてとても親切だった。
 翌日は室積のまちをゆっくり散策した。小さいまちだけれど、江戸時代には瀬戸内海の有数の港町として、北前船の寄港地として栄えた町並みが続いている。普賢寺・みたらい燈籠堂・火見櫓・高札場などを見て回り、ふるさと郷土館に入ったとき目にしたものは「〇〇高等学校臨海教育宿舎」の木製の大きな看板だった。我々の青春の足跡を大切に保存してくれた町の人たちの温かさにふれて、天候に恵まれて、仲間の元気も確認できて同期会は無事終了した。a0046012_101253.jpg


 高台の宿から見た美しい夕日


a0046012_173765.jpg 
 
[PR]

# by 3181939 | 2012-11-18 00:29

しまね国府海水浴場

 a0046012_2218176.jpg 浜田市の畳ケ浦に近い海水浴場には、波乗りの出来るすばらしい波がきているという情報を得て、国民宿舎「千畳苑」の予約をとった。出発前に日本海は大雨らしいと心配しながら来てみたら、雨も上がり適度な曇り空で海水浴日和となった。
 この浜は、ずいぶん沖まで遠浅が続いていて、日本海の強い波が押し寄せて来るらしい。ボディーボードを買って持ってきたので、子供たちは波をよみながら波乗りをするのが面白いと結構楽しんでいた。
翌日は「しまね海洋館アクアス」へ行って、白イルカの「幸せのバブルリング」のイベントも見る事ができた。広い水族館は大勢の人で賑わっていた。
 この後「古事記」編纂1300年をを記念して開催されている「神話博しまね」の会場である出雲大社へと向かった。残念だったのは現在、平成の大遷宮でご修造中のため本殿のお参りがかなわなかった。「島根ワイナリー」で岡山と広島へ別れて帰る事になったが、この時,高二の孫が「おばあちゃん、来年は受験のため来れないと思う」と言ってきた。7年前から始めた「一泊海水浴全員集合」だが、いつまでも続けるわけにもいかないのだから、ここらで終りにした方が賢明ではないかと思うようになった。ゆっくり考える事にしよう。
a0046012_22304656.jpg
a0046012_22334311.jpg
[PR]

# by 3181939 | 2012-08-30 00:03

薪能 (たきぎのう)

 a0046012_2165964.jpg一年に一夜かぎりの「薪能」が竹原市の賀茂川荘で上演されていることは知っていたが、今年でもう19回目になるそうだ。数年前から一度は鑑賞したいと思っていたが、やっと予約がとれた。とはいっても古典芸能の「能楽」についての知識は全くなく、そこで泥縄的にネットで調べてみた。
 本音は 狂言の野村萬斎さんを生で見たいということだったかもしれないが、太郎冠者と次郎冠者が演ずる「樋の酒」は庶民の日常を面白おかしく表現しているので解りやすかった。
 「能楽」とは能と狂言の総称で同じ舞台で演じられるが、違うタイプの演劇を交互に演ずることを知り、能のと狂言のの舞台を興味深く鑑賞した。能楽は世界で最も古い演劇といわれており、江戸時代には徳川幕府から能楽師として抱えられ、正月や祝賀の席で演じられたという。
 a0046012_2173738.jpg演目の「葵上梓之出(あおいのうえあずさので)」は源氏物語からつくられた能で、葵上と六条御息所の嫉妬と葛藤を「般若」の面を通して格調高く演じられた。
 新緑の美しい日本庭園内の能舞台「月花殿」で演じられた能と狂言、そして美味しい食事とお酒、奥田元宗さんの絵を集めたギャラリーも鑑賞して、やすらぎのひとときを過ごした。a0046012_219394.jpg
[PR]

# by 3181939 | 2012-05-13 01:55
line

ある日ある時・・・


by 3181939
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30